気になる情報収集サイト

2014/07/25 15:22:25 | 歯科

虫歯になって、歯医者さんで治療したばかりなのに、また虫歯になってしまった。
毎日かかさずご飯を食べたら直ぐに歯磨きをしているのに、虫歯になった。
デンタルフロスも定期的に行っているのに虫歯になってしまった。

 

一生懸命虫歯にならないようにしているのに、なぜ虫歯になってしまうのでしょうか。

 

実は虫歯の原因を特定する事は出来ないと言われているのです。
虫歯の原因は細菌と言われているのですが、その他にも歯の持っている質も原因の可能性があるのです。
虫歯を予防するためには、虫歯について知ることが大切なのです。虫歯の原因を知ることが出来なければ、虫歯の予防はできません。
自分の歯にくっついている白い柔らかいものがプラークと呼ばれるものです。プラークは別名歯垢とも呼ばれます。
このプラークは細菌の温床です。細菌と細菌が混ざって歯垢になっていくのです。1ミリグラムの歯垢には、なんと約10億個もの細菌が住んでいるといわれているのです。その歯垢についている沢山の細菌の中でも、ストレプトコッカス・ミュータンスという菌が虫歯の原因となっているのです。
その細菌を落とすためには、歯磨きが重要なのです。歯磨きをすることでこのストレプトコッカス・ミュータンスという菌をゼロにすることは出来ません。

 

しかし、半分以下にすることは出来るのです。
歯垢をコントロールできる歯磨き粉なども売っていますので、活用すると良いでしょう。
また、歯磨きをするときもきっちりと磨くように心がけましょう。歯磨きをしても磨けていない場合もあるのです。
きっちりとすみずみまで磨きましょう。

 

門前仲町 歯医者ならロータス歯科

2014/05/26 14:55:26 | 開業

飲食店の開業をスタートさせるにあたって、いろいろな方法で「資金の調達」を行わなければならないのは、だれでも同じことです。
ただ、資金調達の方法にも工夫を凝らすことで、大きなメリットを得ることができます。たとえば、「助成金」の制度を活用することは非常に有効です。
助成金は、メリットがとても大きいのです。

 

 何しろ、「融資」とはちがって「返済」が必要ないという点で大きなメリットを見出すことができます。
助成金の場合、飲食店以外の業種でも活用することができますが、もちろん飲食店でも活用することができます。

 

 助成金の場合、融資と比べるとそれほど大きな金額にはなりませんので、助成金だけで開業費用をすべて賄ってしまおうと考えるのは少々無理があります。しかし、「返済しなくてもよい」という点においては、融資とはちがってとにかく精神的なゆとりにつながるという意味で非常にメリットが大きいです。
融資と助成金を併用する、あるいは自己資金と助成金とを併用するといった、かなりフレキシブルな使い道が可能であるという点でも、とにかく使い勝手がよい制度であると言えます。

 

 

 もちろんデメリットもあります。
それは、先にも触れたように「金額が小さい」という点と、そして「審査がある」という点です。
金額が小さいことに関しては、返済義務がないというメリットで帳消しと言っても過言ではないでしょうし、審査があるという点に関しては、融資とまったく同じ条件ですから、さしてデメリットとも言えないでしょう。