ヘアケア ヘアメイク

2014/11/27 16:25:27 | ヘアケア ヘアメイク

髪は、頭髪と呼ばれ、ヒトの頭部に生える毛の事を言います。
毛髪、髪の毛、髪とも呼ばれます。髪はケラチンという硬質たんぱく質で形成されていて、3重構造になっています。

 

中心部は髄質と呼ばれ、その周囲を皮質が取り巻いています。
その外側にキューティクルなどの毛表皮が覆っています。

 

しかし、この中心部の髄質は無いものがあったりするため、その役割は今でも解明されていません。
髪の直径は、0.05mmから0.15mmで、個人差や人種差が大きいとされています。

 

人種では、白人や黒人では細く、1cm四方で約400本前後が生えており、黄色人種では1cm四方で250本と少ないのが特徴です。
黄色人種の髪の断面は一般的に丸形をしており、白人では楕円、黒人では更に細長い断面をしています。

 

そのために、白人の人の多くは波をうったウェーブ状の髪が多く、黒人では縮毛になりやすいそうです。
黄色人種は、断面が丸いため、直毛の人がおおいのも納得ですね。

 

日本人でも天然パーマやくせ毛と呼ばれる髪質の人がいますが、毛穴の形によって生成されます。
一部の報告では、思春期にその形状が変化し、癖が変化する。という報告もあるようです。

 

このように、髪といっても人種によっても様々な特徴があるのがわかります。
そのためにも、その人に合ったヘアケアを行う必要があり、その方法を間違えると、せっかくの髪が抜けたりダメージを受け、加齢に伴う髪のトラブルになりやすいとされています。
若い頃からかもを大切にケアをする事で、加齢を重ねても美しい髪を維持するために美容室で正しいヘアケアを行うことにしましょう。