歯科

歯磨きをしよう

虫歯になって、歯医者さんで治療したばかりなのに、また虫歯になってしまった。
毎日かかさずご飯を食べたら直ぐに歯磨きをしているのに、虫歯になった。
デンタルフロスも定期的に行っているのに虫歯になってしまった。

 

一生懸命虫歯にならないようにしているのに、なぜ虫歯になってしまうのでしょうか。

 

実は虫歯の原因を特定する事は出来ないと言われているのです。
虫歯の原因は細菌と言われているのですが、その他にも歯の持っている質も原因の可能性があるのです。
虫歯を予防するためには、虫歯について知ることが大切なのです。虫歯の原因を知ることが出来なければ、虫歯の予防はできません。
自分の歯にくっついている白い柔らかいものがプラークと呼ばれるものです。プラークは別名歯垢とも呼ばれます。
このプラークは細菌の温床です。細菌と細菌が混ざって歯垢になっていくのです。1ミリグラムの歯垢には、なんと約10億個もの細菌が住んでいるといわれているのです。その歯垢についている沢山の細菌の中でも、ストレプトコッカス・ミュータンスという菌が虫歯の原因となっているのです。
その細菌を落とすためには、歯磨きが重要なのです。歯磨きをすることでこのストレプトコッカス・ミュータンスという菌をゼロにすることは出来ません。

 

しかし、半分以下にすることは出来るのです。
歯垢をコントロールできる歯磨き粉なども売っていますので、活用すると良いでしょう。
また、歯磨きをするときもきっちりと磨くように心がけましょう。歯磨きをしても磨けていない場合もあるのです。
きっちりとすみずみまで磨きましょう。

 

門前仲町 歯医者ならロータス歯科

歯磨きをしよう関連ページ

厳しい環境の中でも好成績な歯科医
厳しい環境の中でも好成績な歯科医