太陽光

2013/02/15 14:21:15 | 太陽光

米国の元副大統領であったアル・ゴア氏が制作した環境問題に対する警鐘を鳴らした映画「不都合な真実」を巡っては世界各地で問題の正否をめぐっての物議が醸し出されましたが、環境問題の世界のリーダーシップをとりたい日本では人類にとって有害物質である二酸化炭素と窒素酸化物などの排出を規制して「クリーンエネルギー」による国づくりを目指しています。

 

二酸化炭素{CO2}は、炭素の酸化物で地球上の大気中に0.03%含まれている物質です。

 

この二酸化炭素はガスの状態では「炭酸ガス」として知られていますが、個体になりますと「ドライアイス」としてスーパーなどでも扱っているので一般に知られています。

 

植物は太陽の光の力で「光合成」を行い二酸化炭素から酸素とデンプンを生産します。

 

しかし、人類の生存にとって大きな問題としては、多くの工場などで石油などの化石燃料を燃焼させることで大量に高濃度の二酸化炭素が排出される事にあります。

 

 

これらの二酸化炭素が大気中に大量に排出されますと、このガスは空気中を上昇して地球を取り囲んでいる大気の上層部に貯まります。

 

この二酸化炭素のガスが地球に覆いかぶさるように囲んでしまいますので、ちょうど地球は温室の中にいるような格好になりますので、温室の中にいる地球表面の温度が上昇する事になるのです。

 

これを「温室効果ガス」と呼んでいますが、これが地球の気温を上昇させる大きな原因になっているのです。

 

この様な問題に対して、日本では」二酸化炭素や窒素化合物などの有害物質を排出させないエネルギーを求めて新たな制度を設けたり官民の共同の研究もなされていります。

 

現在ではクリーンエネルギーとして「太陽光発電システム」、「水力発電」「風力発電」「太陽熱温水器」「波力発電」「風力発電」「地熱発電」などに取り組みが始まっています。